So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ここ最近(の日記) [日記]

今日の宵に「鹿」が鳴いていました

「キューン・・・」と響き渡ります

昔は「事件か!?」と胸騒ぎがしましたが

いまは「鹿の恋の季節かぁ またこの時期になったなぁ」と

感慨に浸ります 無学なもので「鹿の子ポロシャツ」の

意味がよくわかりません とりあえず「バンビ」は可愛いです


このところ「セブン」で写真をプリント(現像?)する

術をやっとこ身に付けました

年甲斐もなく面白くてやたらプリントしたくなります

先日 母と行った海の写真が母と姉にお褒めいただけて

図に乗って仕事の部屋に飾りました

「8」の力に因るところが大きいとわかっていますが


郵便の料金が改訂されます

なので「2円」「10円」切手はもちろん

「12円」なんてのがないかなぁと妄想します

封筒の貼るスペースも有限です

定形郵便物は25グラムから料金が変わります

今回は24.5グラムでした

迷いました もしどこかで再計量があり

25.1グラムとなったら「アウト」です

料金不足など赤っ恥もいいところです

「安心料金」として10円切手を貼りました

おかげでこころ穏やかです「チロル」をひとつ

我慢します もう十年ほど手に取っていません


机に「オリヅルラン」が越してきました

市内の「銀行」でいただきましたが

子株があったのに輸送中に取れてしまったようです

かわいくて気に入っていたのですが

仕方ありません またぜひ付けて欲しいです


「あれ?中毒の話しは?」と思っていただけると

光栄です ですが既に「常態」となりました

「あって当たり前 ないと一大事」ということです

他アーティスト様の作品なども少しずつ混ぜ始めました

比率は「9対1」というところです

けれどこうすることで「自分に取っての素晴らしさ」を

より強く感じ取ることができます

お酒もずーっとお酒だけでは面白みに欠けますが

「良いつまみ」があると味も趣も大変に増します

「つまみ」の素晴らしさも感じながら

そこから更に巧氏の作品の素晴らしさに気が付きます

と言っても楽器など触ったことはあまりなく

楽譜などほぼ意味不明です でも好きなんです

知識があればもっと「音楽」自体を楽しめるはずですが

「数学」に次いで「音符」が苦手です

「理系で楽器ができる男子」は個人的に

「堪らなくセクシー」だと思います

個人的にですが 意見には個人差があります

昨日から体調がいまいちです

「疲れ」が出たようです


追伸

あくびが大きすぎてあごが外れそうです

やる気満々で寝ます


(巧氏至上主義)ルリタ担当
コメント(0) 

透明色 [戯言]

「赤」「青」「紫」「藍色」 どの色のものもある

そのなかで わたしが今日感じている

「透明」はどのような位置づけだろうか

目に見えない 触れればそこにあるかもしれない

「意味があるのか?」と言う質問に

答えれるのかどうか 怪しいけれど

たぶん 今のわたしなら 答えられる

「透明色 言い換えれば 穏やかな永遠です」

意味はあります 大ありですとも

それに伴いルームメイトがお戻りになった

今夜からはまたいっしょに眠るらしい

ひとりは広かったけれど なんか変だった

今夜は早寝をこころ掛けつつ

お互いの近況などを語り合おう

わたしたちは透明色だ それを傾けると

決めた 泣きながら 笑った



追伸

「なんのこっちゃ」と言うお言葉覚悟の

半日記です でも わたしにとっては大事な記録です

さて 中毒もピークに達し 日常が危ういです

と 言うわけで心を鬼にして(意を決して)

「メリハリのある拝聴」を と

努めています いつまで持つかわかりませんが

このままでは不味気です

精進します でも「飛燕」は至上です


(本当に「お声」が絶対的です)
ルリタ担当
コメント(0) 

地球ふたつ [日記]

今日は寝不足のためか朝は

気持ちが落ち込んでいました

このところ持ち上がったり急降下したり

乱気流です 墜落はしないように踏ん張ります

そんな中 朝 自分の車に探し物に行くと

車内に置いていたバックに付けていた

「地球儀のキーホルダー」を見つけました

これは もう何年前になるのか忘れてしまった頃に

催し物で偶然再会した保育園時代の先生に

いただきました わたしを見るなり

「ルリちゃん これ持ってて お守り代わりに」と

ご自分のカバンに付いていたものをさっと外して

渡してくださいました 持ち歩いていらしたのです

きっと気に入っておいででしたでしょうに

惜しげもなく 十年以上前の教え子に

その当時は病気で感覚が麻痺していたため

ありがたみがよくわかりません でも 今日

少し孤独を強く感じた朝に その地球儀は

あまりに 重く 美しかったです

このあまりに温かい出来事の前で隠し事をしたくない

そんな気持ちから ひとつ 自慢話をします

わたしの名前は「智世」と書きます

もう散々ニヤミスな内容を記事っていますので

もしご覧になった方がいらしたら御存知かと思います

「知る」の字の下に「日」が入ることで

知っていく「世界」が「本の世界」や「絵の世界」などと

広義ではなく「日に照らされた世界」と

狭義で大きな意味をより強めます

この名前の上で「地球(儀)」は親しみを覚えるアイテムです

意識したのはつい最近 でも 気が付けば

大事な存在が関係するものが二つになりました

一つ目は「彼女」が残したオルゴールボール

そして二つ目は「恩師」の優しさです

信じてはいない運命などと言うものを

信じたい気持ちになってしまう そんな地球儀です

何気に「動物占い」でも「地球属性」なんです

昔はハンドルネームが地球を意味するものだったりしました

長ったらしくすぐに飽きましたけれど

好きですよ地球 叶うなら宇宙から見てみたいです

ほんとうに青いのでしょうか

だとしたら わたしはやはり「青の虜」です

一度でも 白昼夢でも「似合う」と言っていただけたのは

身に余ることです もう青の腕の中から

逃げ出そうなどと考えるのは 浅はかですかね


追伸

先生にいまもう一度お会いできるなら

こころの底からお礼を申し上げたいです

あなたの教え子で良かった と どうでしょうか

たぶん同じ県内にいる気がしているのですが

バッタリ会えませんかね 運が良ければ

いっしょにお茶をしばいたりできませんかね


(まだまだ「青二才」この言葉がやけにしっくりきます)
ルリタ担当


自慢話にお付き合いいただき ありがとうございます
コメント(0) 
前の3件 | -