So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

不見星 [戯言]

星が見たい

大きくなくても

明るくなくてもいい

ただ 夜空の中で小さくひかる

その 様が見たい

いいや 違うね そのひかりに

照らされたい わたしの夜空も

もう 三日は見ていないよ

なんでこんなときに限ってさぁ と

思わなくもない

いいかげん 夜に空を見ると

幻覚さえも 見えるんだ

あなた方に 目見えたい

照らしてほしい いま このとき

誰も示すことのできない

夜空の先を 教えてください

せめて 今日 この夜の出口だけでもいいです

わたしに囁いてください

いまのいままで 信じていたものさえ

儘よ と 投げ出したくなっている

わたしを 照らしてください

強く 抱いてください


追伸

「時間が経てば経つほど 痛みは大きくなる」と

言う趣旨のことを ダンブルドア校長先生は

仰っていました(「炎のゴブレット」ですかね)

その通りでした 冷静に振り返れば振り返るほど

自分が巻き込まれた現場が

見えてしまうような気がします

目をつむることを「賢さ」と呼ぶなら

ひたすらに見つめ続けることは

何と称されるのでしょう

わたしは できるなら 目をつぶりたいです

どちらにせよ 明日 目を覚まし 笑っていられれば

それも ひとつの「勝ち」の形だと

思います 思いたいです


(つっかれました それでも譲りたくないものもあります)
ルリタ担当
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オーディオ設定 [日記]

今日もほどほどに暑かったです

それでも 少し街を回り 買い物などをしました

合間にカーナビに向かう際

何気なくいじった「設定」の項目

「オーディオ設定」というものも

もちろんあります

そこで「バスブースト」は前から

強くしていましたが

今日「ラウドネス」という項目も上げてみました

全体的に音が重くなり

低音が利いたように感じられ

面白くて使ってみました

しかし 目的地が目と鼻の先のとき

リストが「LOSER」になりました

で びっくりです なんてこったい

わたしの耳が悪いのか 感じ方が悪いのか

「ギター」が聴きにくいです

これは一大事です 焦眉の急です

(この言葉「いま」知りました)

それでは わたしが巧氏の楽曲を

拝聴する際の 楽しみの四分の一が

なくなってしまいます ご参考までに

「歌声」「 歌詞」「ギター」「 旋律(メロディ)」

が その四大要素です

路駐してでも設定を直そうかと

思案しましたが そこは まあ

理性を働かせて堪えました

けっきょく「リアライザー」という項目を上げて

「ラウドネス」は即刻OFFです

サウンド設定の項目のほとんど

ちんぷんかんぷん 意味不明です

せっかくの「LOSER」でしたのに

ちょっと残念です


追伸

「猫に鰹節」なんて言葉も知りました

わたしも巧氏に関してちょいとそんな気があるようです

「高みの見物」ぐらいの余裕が必要かもしれません

「ハマる」ものがあるというのは

とてもいいこと とも思います


(元気なのか カラ元気なのか 思案中です)
ルリタ担当
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思考整理(3) [自己紹介]

この記事は ほんとうにタイトル通り

「思考整理」です

自分の気持ちを落ち着けるため

公開させていただきますが

どうか お捨て置きください


極身近な肉親の「ズレ」の大きさを

はっきりと自覚しました

そのズレは わたしにとり

小さいや些細とはとても言えず

世間様へのご迷惑を考え

腹を立てているのかと

思っていましたが

違いました そんな高尚なことではありませんでした

わたしは三十年 大げさに言えば今までの人生

何をしていたのでしょう

その肉親に 笑ってほしくて

道化を演じることに徹し

それでも要求された「数字」もだそう と

自分の全人格を偽っていた と

言っても過言とは言い切れない

わたしのいままでの時間

実際 ブログで見せるわたし と

家族に見せるわたし に かい離を感じています

どちらが「わたし」なのか

このところ悩んでもいました

けれども このところ起きた

「気持ちの変化」によって

その両者が(ある意味)融合し始めている とも

思っていました その矢先の「気付き」でした

脱力感に苛まれます

わたしが息を切らし こころから眠ることもなく

続けてきたこと それらがどこに行ったのか

あたまのなかに響くのは

「教えて」と「助けて」という

ふたつの言葉です

それでも 自棄を起こしたくはない と

願えるのは わたしに愛情を注いでくれたひとも

確かにいた という記憶が支えてくれるおかげです

泣きたくないのですが どうしたものでしょうか

知りたかったようで 知りたくなかった

そんな事実でした


追伸

いまさら家族にこういう「顔」は

見せにくいですよ

家族でいちばん「はっちゃけ」ているキャラで

やってきたんですから

たまにブログでの「顔」みたいなのが のぞくと

ちょっと びっくりされるんですから

正直に言えば わたしは「こっち」の方が

落ち着くのですけれどね


(「そういうキャラ」は 姉の担当ですから)
ルリタ担当
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -